タグ:EDEL GOLF ( 3 ) タグの人気記事

MY ウエッジ ガンブルーする!!

c0117936_16020976.jpg
今日も一日中梅雨空。。。。。

ボールマーカー、グリーンフォーク作りも一段落。

そんな訳で、今日は現在エースとして各分野(寄せ。。)で日頃お世話になっているマイウエッジのお三方のお手入れ!!

c0117936_16391250.jpg
c0117936_16401207.jpg
大分長いこと手入れを怠っていたため、フェースに錆が。。。。

前回のガンブルー処理の時は徹底的やったため、悪質な赤錆は発生してませんでしたが、やはりチョット見苦しい(可哀そう。。)

c0117936_16443984.jpg
c0117936_16445703.jpg
ベンチグラインダーの600番でざっくりと錆を取って。。。。

の、つもりでしたが。。。
c0117936_16474457.jpg
途中まで成功!!

しかし、砥バフが減っていてフェース全面まで磨けない!!(画像よりは大分磨けましたけど。。)

仕方がないので残りは1000番のサンドぺーバーでごしごし。

そんなで、フェースだけ処理に変更。

c0117936_16570821.jpg
これでもガンブルーしたんです!!
c0117936_16575706.jpg
そんな状態から、重ねること5~6回 ガンブルー処理。

今回はガンブルー原液では反応が早すぎ、斑(まだら)になりやすいので、ガンブルー液を少し水で薄めて使用しました。

画像から分かるかな~? ガンブルーと言うだけのことはあって青っぽく仕上がっています。

研摩後には脱脂としてアセトンを使ったのが良かったのかな?

以前は中性洗剤で水洗いでした。。。
c0117936_17052796.jpg
c0117936_17054315.jpg
とりあえず3本終了。(今回は終わり。。。)

キナセ トライアングル58°SWは初期モデルでフェース部分がメッキ処理されていないロウ(生)!!※現在は全面メッキのようです。。。

それにしても、イーデルとキナセのガンブルー後の仕上がりの色の差が!!

これまでもゲージ デザインのパターでロウのガンブルー処理で仕上がりの色がモデルによって大分違いがあり差が出ることはありました。

やはり軟鉄と言っても材質成分で仕上がりが違うんだなと改めて実感した次第であります!!
c0117936_17135176.jpg
終了!!



[PR]
by simatao55 | 2017-07-04 17:14 | 道具 | Comments(0)

EDEL GOLF プロ支給ウエッジ !! イーデルは良いー出る。。!!

c0117936_1171939.jpg

c0117936_1175458.jpg

c0117936_1184543.jpg

c0117936_119063.jpg
c0117936_1192186.jpg
c0117936_1194116.jpg
c0117936_1195690.jpg
c0117936_11101574.jpg


良いウエッジが手元に届き、翌日いきなりの実戦投入しました!!

JGFで一番強力なインパクトを受けたイーデル ゴルフ!!
影響力は強大で、家に帰って即ボールマーカーのドット処理に取り掛かってました。

しかし、世の中同じように影響を受けて、同じEDEL GOLFについて調べ、即イーデルウエッジ、それもプロ支給品を手に入れた方がおられました。。。。超々スピーディー

実は私も抑えられく。。。。その超々スピーディな方にお願いして今回のウエッジ2本を入手させていただきまし!!
自分一人ではとても対応できない手続きをやってもらい感謝、感謝です。ありがとうございました!!


さて、届いたウエッジはプロ支給で実際にLGPA PROのNatalie Shearyさん実使用品でした。
現在イーデルゴルフJAPANではヘッド素材がSUS304で3種類のソール形状をラインアップしてます。
今回の私のは鉄(鍛造?鋳造?)のロウヘッドをガンブルー処理されているものです。

流石プロ!!打点が同じところばっかりで打っているため若干のフェースのスィートスポットに使用感がありますが、実際の使用にノープロブレムでスピンが良く効きました。

イーデルゴルフのウエッジはハイバウンスが一つの特徴と聞いていましたが、実際に使ってみると開くことを前提?!に作られているように感じました。
開く=オープンに構える。。。。ヘッドの作りがオープンスタンスで使うように自然と使い手にアプローチしてきます!!

ハイバウンスと言っても極小さなバウンスの程よい広さの頂点がハイバウンスであり、オープンに構えれば何の問題もなく、程よい広さのバウンスがアプローチの手助けしてくれました。

55度、50度ともラフ、フェアウエイから何度も打ちましたが、これが実戦初めてのウエッジ!!!???
なんの問題もないどころか、変にポ~ンと上に上がらないで出玉がすごく安定し、距離感がとてもつかみやすいのが一番気に入りました!!

バンカーで2回、55度を使いましたが。。。「もしかしたら、ソールあんまり広くないから難しい?」と言う先入観で、最初のバンカーではドスンと多めの砂をとる打ち方で脱出するだけ。。。。。
2回目は、一回目を反省にスパンッ!!と少し薄めに入れたら。。。超抜けがが良くボールも少し大きめでしたが、バックスピンがかかりました。
ハイバンスを信じてソールの入れ方さえ深く入れなければ球は上がるし、止まる球が打てます。

そういえば、シャフトはツールテンパーのDGスピナーが刺してありました。
十数年前?一世を風靡したシャフトとの記憶があり、ツールテンパーのHPを見たらまだ現役でした。。。。手元下がくびれですぐにスピナーとわかります。

55度 35.25インチ 466グラム D4
50度 35.25インチ 465グラム D4
アメリカの女子プロの使用道具ですが、レングスが0.25インチ長いだけで、その他は私が求める寄せるクラブとしてスペックはバッチリ嵌りました。また、ライ角も無問題!!

因みにNatalie Shearyプロはオレンジ色が好きらしくHPを見るとオレンジ色のウェアが多いのに気付きます。

何れにしても、良い武器が手に入りゴルフに対するテンションは大分高まってます!!

c0117936_11272438.jpg
c0117936_11345269.jpg
c0117936_11365225.jpg

[PR]
by simatao55 | 2016-03-11 12:45 | 道具 | Comments(2)

ジャパン ゴルフ フェア 2016 その1 EDEL GOLF

c0117936_14345626.jpg

いつもの看板が画像の下の方にあります!!
たまには違った切り口でスタート。。。。

c0117936_1437743.jpg

c0117936_14372811.jpg
c0117936_14374917.jpg

Edel(イーデル)
初めてイーデルのパターを目の前にしました!!
ダマスカス製のパターがオーラを放っていました。
c0117936_14484533.jpg

この方がデビッド・イーデルさん(イーデルゴルフ ファウンダー兼プレジデント、パターデザイナー)
誇らしそうににっこりと自慢のパターを手にした記念写真を撮らしてもらいました。

c0117936_14495157.jpg
c0117936_14502319.jpg
c0117936_14504586.jpg

c0117936_15203256.jpg

圧倒的な存在感のあるパターを目の前にして、画像をとることとダマスカスパターのお値段の凄さにビックリ状態で機能等を現場で確認することがすっ飛んでしまいました。。。。。。
帰宅後にいただいたパンフレット(グラマスな画像がてんこ盛り!!)を読んだところ、シャフト内にインナーウエイトを搭載して新次元のカウンターバランスを実現しているそうです。
また、ソールのヒール側に配置したウエイトを調整することでストロークが安定と説明がありました。
このシステムはすべてのモデルでは無いようですが、ソールのヒール側に丸いウエイトが確認できるモデルののようです。
あと、大分前にPINGが取り入れたことのあるピクセルインサートも搭載されています。


c0117936_15185341.jpg

c0117936_151998.jpg
c0117936_15192695.jpg
c0117936_151949100.jpg

凄い!!いかにもハンドメイドですよ~と強烈に訴えているウエッジのバックフェース
ウエッジとアイアンはの担当はニール・オスターさん。
イーデルのウエッジとアイアンは必ずおスターさんの手が加えられるとパンフにありました。
いやーっ しかし ドットのフェースは官能的で。。。。大分刺激をもらいました!!
おかげさまで?JGAから新潟に持ってまずしたことは。。。。。。ボールマークへのドット採用(ただいまオークション出品中)し、作業に取り掛かりました。
でも。。。。長時間かかります。。。(汗)
c0117936_1558287.jpg

軟鉄への打刻もチャレンジしたくなるのは私ばかりでないでしょう。(クリック)必ず!!(笑)

イーデルのウエッジはデザインばかりではありません、最大の特徴はハイバウンス!!
ただのハイバウンスでなくフェースを開いてもリーディングエッジが浮かない形状を採用してるそうです。
また、トゥ寄りに伸びたスコアライン、ラウンドしたリーディングエッジ、抜けを追求した幅の狭いヒールネックを取り入れていると、これもパンフに謳っていますが、構えた感じはスコアラインの入れ方で面長に感じました。
好みです!!ウエッジにしては短いホーゼルも特徴に一つですが、一度は試してみたいウエッジです。


Edel(イーデル)に注目です!!
HPはこちらからクリック
[PR]
by simatao55 | 2016-02-23 15:59 | ゴルフ | Comments(6)

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー


by taoten
プロフィールを見る
画像一覧