<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Navy Blue - Char 超懐かしい



学生時代にこの曲でファンになりました。


最近はTV見ないでYou Tubeばっかり見ています。。。。。
[PR]
by simatao55 | 2011-05-25 21:40 | ミュージック | Comments(6)

ゴールデン ウイーク 終了 即発熱ダウン

c0117936_982895.jpg
c0117936_991087.jpg
c0117936_9105645.jpg
c0117936_9112111.jpg


連休も終わり、さて9日から仕事だ!!と思っていたら。。。。

8日の夜から悪寒が襲う。。
やばい熱出ると思い、症状が同じだったので以前お医者かから処方された薬を飲む。
そして、葛根湯寝る前に飲む。(風邪のひき始め悪寒に抜群に効きます)

9日朝は37.8度とそんなに高熱ではなかったが、頭痛、肩こり、舌の腫れで休むことに。
10日も37.3度と微熱とだるさ最高潮。(喉の痛みが。。。)
もう1日休暇をいただく。

丸2日ベットの生活でしたが、午前中もお昼すぎも、そして夜もとにかく寝れました。
近年こんなに寝た(寝れた)のは久しぶり。

たまに風邪をひくのも良いものだ。。。と思う反面、たまっていく仕事のことが気になり精神衛生上は良くないですね。


さて、この連休は、3回ゴルフでしたがドライバーのEPON AF-152がなじんできたので、昨年の最悪に比べれば断然ゴルフ楽しくなりました。しかし、月例だけは3パット6回、4パット1回と今シーズン好調と思っていたパッテングが狂いました。。94回
次回はクランクネックのKITADA G・Dのスクエアを投入の予定。(気が変わる可能性あり)

観光は妻と無料高速道路を使って胎内市乙(たいないし きのと)の県内で一番古い寺と言われる乙宝寺へ久しぶりに行きました。
乙宝寺は三重塔が特に有名で重要文化財に指定されています。

境内には空海が杖(独鈷杵:どっこ「仏具」)で突いて湧きでた湧き水のどっこん水があり、ペットボトルで持ち帰り、帰りに買った200年の伝統を持つ「乙まんじゅう」でお茶をしましたが、お茶はマイルドに美味しくなりりました。勿論乙まんじゅうも美味しカ買った。
※乙宝寺は日本海CCから至近距離なんですが、ゴルフが目的だとなかなか足が向きませんでした。

帰りは、新発田市の新発田城址近くの「龍園」で美味しい餃子とラーメンで昼食。
新発田市の中華飯店の餃子はレベルが高いです。
私だったら「餃子」を新発田市の町起こしに活用できるレベルと思っています。

ゴルフ場画像は湯田上CC 紫陽花コース2番(ミドル) ここはフェアウェイ左端に見える小さな木が目標。今の季節はその左の山手斜面に打てばボールはフェアウエイまで戻ってきますが、夏場で斜面の草が伸ばしている時に途中で止まる恐れあり。距離は短いですが、グリーンの傾斜がきつく、乗せるボールの位置で3パットの危険性あり!! 手前が基本です。









 
[PR]
by simatao55 | 2011-05-15 10:02 | 諸々 | Comments(2)

玉川堂 特注銅鎚起 ネームプレート 銀色桜&宣徳色(せんとくしょく)

c0117936_8454115.jpg
c0117936_8461923.jpg
c0117936_8465025.jpg
c0117936_8471115.jpg
c0117936_847365.jpg
c0117936_8525472.jpg
c0117936_8533274.jpg

c0117936_8594593.jpg

c0117936_1025997.jpg


一昨日、玉川堂さんから特注銅鎚起 ネームプレート 銀色桜彫金&宣徳色(せんとくしょく) 名前彫金が届きました!!

1月7日にアポなしで突然玉川堂さんを訪れ、ご親切に工房や作業工程、色付け等を実際に見せていただくとともに分りやすく説明いただきました、営業担当のYさんには、この時を切っ掛けにして、ようやく出来上ったことに感謝、感謝です。

玉川堂のビールカップ、オンザロックカップを自分用に毎日と言っていいくらい使用していると、この銅鎚起特有の鎚目の指、手のひらへの感触、銅の質感がたまらなく好きになり、この素材で大好きなゴルフ関係の何かができないかな?と思いついたのが銅鎚起 ネームプレートでした。

Yさんにネームプレートの作製を受けてもらい、自分で大まかな大きさ、デザインを考え一番下の画像ように紙に書きイメージを伝えました。

大好きな銀色桜彫金は最初から決まっていましたが、全面銀色では折角なので、何か違う色気の物を一面欲しいと色々迷いました。

こで思いついたのが、一番古くからある宣徳色(せんとくしょく)
この宣徳色「夕紅葉(ゆうもみじ)」は、(以下玉川堂さんHPから抜粋)中国の明の宣徳年間(十五世紀)に開発され、日本にも伝わった着色技法が、玉川堂でも代々継承されてきました。緑青と硫酸銅の合液で煮込む着色技法です。日本海の夕日を彷彿とさせる流麗な質感は、数十年以上使い込むことで、歳月が奏でる濃厚な紅葉色へと変化していきます。

実は玉川堂さんでお茶をいただいた時に、なんとも良い具合に色づいた茶こぼしの色を思い出しました。(歳月が奏でる濃厚な紅葉色へと変化とはこのこと!!)

銀色に対して銅色とは対極にあるような色の組み合わせで、ちょっと冒険でもありました。
Yさんにこの組み合わせのことを聞いたときは「この組み合わせで出来ないかも。。。」と製法上の制約があるらしきことを。。。。。。。
しかし、後にやったことはないが出来そうと連絡があり一安心。

さて、このネームプレート 縦横8センチ、厚みは約2ミリ、重量111グラムとヘビー級。(キャディバックに付けてみましたが、存在感抜群!!)

因みに、玉川堂さんへキャディバックに付けるネームプレートをお願いしたのは、どうやら私が初めてのようです。

Yさん曰く、顔の見えるやり取りが好ましく、こんなオーダーもできるくらいの告知でお願いされてますので、興味のある方は職人さんや営業担当の方が出向く、全国の伊勢丹、三越等で行われるフェアに行ってみてはいかがでしょう。(玉川堂のHPに予定表あり!!リンクからどうぞ)

勿論、新潟の玉川堂さんに直接行かれる方法もあります。

とにかくこのネームプレートを大切にしていきます!!

追伸  NHK BSプレミアムの「にっぽん縦断のこころ旅」で玉川堂さんにアポなし取材で日野正平さんがいらしたそうです。
その時の模様は今月12日(木)に放送されるそうです。


※NHK BSプレミアムの「にっぽん縦断のこころ旅」今日12日午後7:00~見ました!!
七代目当主玉川基行さんがメインで日野修平さんに色んな説明していましたが、もう一人の当主の脇にいた方が営業担当のYさんです。
日野修平さんが玉川堂を後にしてから「わーぃ!!ぐい呑み買っちゃったー!!」と嬉しそうに発していましたが、玉川堂さんで実際に触れてしまったら酒好きの人はいっちゃうでしょう!!
    
[PR]
by simatao55 | 2011-05-07 10:20 | 玉川堂 | Comments(5)

お助けFW ロイヤルコレクション rc☆fd

c0117936_9102152.jpg
c0117936_9104115.jpg
c0117936_9105917.jpg
c0117936_9112876.jpg
c0117936_9121042.jpg


昨シーズンまで3WはVスチール初代、5WはEPON FA-201を使っていましたが、昨年の大不調で思い切ってFWは易しさ一番のクラブに変えました。

資金難で最初から中古と決め、練習場にあるゴルフパートナーで様々なFWの5番を試しました。
6本くらい打ちましたが、一番形的には違和感を覚え、丸くてソールの色が派手!!なロイヤルコレクション rc☆fdが一番結果が良く購入しました。
打音もポコーンと鳴り?私が知っているロイコレのFWとは全く別物。。。。

実戦で結果が出なかったらオークションに出せば良いか!!なんて安易な考えでいました。

ところが、今季初ラウンドでのFW ロイヤルコレクション rc☆fd 4W(18度:SR)の活躍は目を見張るものがありました。

あっ!トップかな?と思ったボールが良い弾道でそこそこ飛んでいくし、薄い芝の上からでも高い良い球が出ました。
このこともあり、家に帰って3W(15度)を探しましたがなかなか物が見つからず、ようやく見つけましたがフェースにキズがあるものでした。
SやRのシャフトはありましたが、先に購入したのがSRだったもので、SRに拘り、片目をつむって購入。(送料はかかるし、値段も地元で購入したものより2千円も高い!)

現在、抜くクラブが無いので待機組に入っています。しまし、使うコースによってはレギュラー入りが約束されています。

ただ、このヘッドカバーの形と色はなじめません。。。。。(EPONの鍛造君のやつまだあるかな?)
[PR]
by simatao55 | 2011-05-05 09:40 | 道具 | Comments(4)

佐渡バター

c0117936_892164.jpg
c0117936_894911.jpg
c0117936_8102253.jpg


今日の朝食は定番の食パンのトースト。

普段は雪印のバターを軽く塗り食べますが、今日の出されたバターは「佐渡バター」でした。

ちょっと一般的なバターより透きとおった感じで、塩分控えめでバターの風味が豊かで、そしてソフトな味わいは好きです!!

パッケージの脇に昔ながらの木製チェンバーで作り、佐渡海洋深層水100%で出来た食塩を塩を使っているそうです。

近所のスパーでたまに置いてあるそうですが、価格は高めだそうです。

はっきり言って美味しい!!

美味しい物を食べてしまうとまた欲しくなるのは当然ですが、妻曰く「美味しい物はたまに食べるから美味しいのよ」とのことです。

なるほど!!

一緒に佐渡乳業の飲むヨーグルトも買ってきたと言うので飲んだらこれも「美味しい」
たまに買ってもらうことにしました。。。。

c0117936_8465290.jpg


※昨日は湯田上CCで恒例の職場が入っている会館のコンペに参加しました。
昨年は、このコンペの1番ホールで右わき腹を痛め、スイングを壊した大会でもあり、今回はスタート前には十分なストレッチで身体を整えました。
午前中は後一歩のところで30台を逃し40回。午後は悪い癖の煽りスイングが頭をもたげショットが荒れ気味で46回と相成りました。
コースに緑が帰ってきてます!!
[PR]
by simatao55 | 2011-05-04 08:50 | 美味しい | Comments(2)

20年振り?の笹神五頭ゴルフ倶楽でプレー

c0117936_816942.jpg
c0117936_816563.jpg
c0117936_8174213.jpg
c0117936_8181688.jpg


昨日、笹神五頭ゴルフ倶楽に20年振り?にプレーしてきました。

34年位前(確か昭和52年)に?ダイレクトメールんの「学生合宿3食付き一日4000円?」の破格な値段に誘われ(自分にとっても帰省の電車代が浮く。。。。。)こともあり、ゴルフ部の皆さんを新潟までお連れしました。
このころの名称は五頭国際カントリー?だったかもしれませんが、月岡の駅まで迎えに来ていただいた情景が脳裏に焼き付いています。
そして、もうひとつ焼き付いているのが、合宿2日目にラウンドを終了して宿泊施設のコース脇のラドン温泉の部屋に戻ったら。。。。。。税務署の差し押さえの帯状の赤い紙がいろんなところに張り付けられていました。そうです、その日ゴルフ場が倒産したのでした!!

心配している私たちに、S支配人はとても親切でお優しく、「絶対迷惑はおかけしませんからご心配なく。合宿は予定どうりに出来ます」のお言葉をいただき、そして、S支配人との約束通りに最終日まで無事完了出来たことは忘れることはできません。(参加した先輩、同輩、後輩からはコメが美味しく、食事もとても美味しかったと!でも新潟は暑かった!の感想があったのは今でも忘れません)
1つのゴルフ場をはっきり言って貸し切りにした状態でプレーしたことも忘れません。

そんな思い出深いゴルフ場ですから、改めてじっくりとプレーを楽しんできました。

コースも綺麗に整備され、年月とコース改良で随分と趣のあるコースに育ったな~と感じました。

ドライバーを曲げるとOBが多いのですが、だんだん良くなるEPON AF-152のお陰で最初のハーフは今季一番のスコア(41)が出ました。
残りのハーフは3パット4回の影響が大きく46回。(ボールは1個使用でたりました)

去年の泥沼にはまったような苦しいゴルフは影をひそめているので、ゴルフがまた楽しく感じるようになっています。

3日の湯田上CCでの職場のコンペも楽しみです。
[PR]
by simatao55 | 2011-05-01 09:01 | ゴルフ | Comments(2)

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー


by taoten
プロフィールを見る
画像一覧