<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本海CCの桜

c0117936_20491983.jpg
c0117936_205014.jpg
c0117936_20504745.jpg
c0117936_20513078.jpg


先日の日曜は日本海CCでの初ラウンドが月例でした。
天気予報は晴れだったのですが、朝の2~3ホールだけ青空で全般的に曇り。でも最終2ホールは「嵐」でずぶぬれ。。。。

スコアは別にして(別にしたい。。。)EPON AF-152(10度) レッドゾーン ベネフィット(S)が良くなってきました。
一番良いのが打感です。良いところに当たった時の気も良い感触はこれまで使ってきたドライバーの中で一番です。
飛距離性能はスポットで打てば飛びます! 少しくらいずれても飛びます。
チーピンが出ないことも◎評価です。

あまりハードヒットしないで、フィニッシュまで素直に振れば結果が出るドライバーに仕上がっています。
昨年は3本も変わりましたが、今シーズンはこれに決めました。

日本海CCのフェアウェイはまだ茶色でしたが、満開の桜が綺麗でした。

連休は30日は五頭CC、2日は湯田上CCでラウンドです。
ドライバーがあたってくるとゴルフが楽しくなるのでラウンドが楽しみです。(昨シーズンはランドが苦痛でした)
[PR]
by simatao55 | 2011-04-26 21:21 | ゴルフ | Comments(6)

渡辺刃物製作所製 手打ち包丁 購入!!

c0117936_22252013.jpg


昨日、ピアBandai(家から車で7~8分)で自然療法・自然食・環境をキーワードにしたナチュラル ライフ フェスティバルが開催されました。
そこに、3月11日の震災の日にお邪魔した渡辺刃物製作所製の渡辺真一さんが出店することをHPで知り、妻と二人で行ってきました。

ピアBandaiにはお気に入りの佐渡の佐和田の寿司屋「弁慶」(回転ずしだけど美味しい!!)や鮮魚コーナー、地酒、コヒー、地野菜等々があるのでちょくちょく買い物に立ち寄るところです。

まずは、渡辺刃物製作所製の渡辺真一さんに3月11日のお礼をし、当日テーブルに並んでいたダマスカスのネームプレート?やペンダントをマジマジと見てその美しさに。。。。。
そして、販売用に並んでいた三徳包丁いに目が行きました。

手に取って見たところ、手作り感がなんとも言えず「欲しい!!」と言う欲望がムクムクと。。。

結局、給料日直後でもあり、現金も持ち合わせていたので言わば衝動買い!!

家に帰って夕食作りに使いましたが、その切れ味は最高でした。そして、少し軽めのバランスは使いやすかったこと。(小学生のころから料理してましたので、土日の夕食は私が担当しています。退職したら私が毎日作ることになるそうです・・・妻の談)

この包丁は一本一本手打ちで仕上げで、大量生産ものとは違います。
素材は安来青紙鋼とステンレスのコラボだそうです。

大切に使わせていただきます。

そう言えば、三条の展示室で見せてもらったプロ用包丁を思い出しました。
[PR]
by simatao55 | 2011-04-24 22:13 | 道具 | Comments(0)

今シーズンの道具達と満開の桜

c0117936_17201661.jpg

c0117936_17204759.jpg


明日は日本海CCの月例杯。
どうも雨模様。。。

画像は今シーズンの道具達です!!
SWは長らく使用してきたゲージデザインSHINウエッジからSUS304製のMOZに変更。
どちらからと言うとバンカー専用に使います。

アプローチはEPON210KGX54度(53度に立てました)を専用にします。

アイアンはEPON AF-701(バサラ)AW~5番で変更無し。

4番アイアンの代わりにアイアン型UTのEPON AF-901 25度(ロフトは5番アイアンと同等ですがレングスが長い!!)

そしてもう1本のUTはキャロウェイのディアブロエッジ3番。(一寸つかまりすぎ傾向。。)

ウッドは4番(18度)ロイヤルコレクション RC★fd!!これは易しいです!!打音は悪いです!!

ドライバーはEPON AF-152 レッドゾーン ベネフィット(練習場は満点な当たりが出ますが本番慣れしていません)

パターはいまやエースのKITADA G・DのKG00A(サンドビックSUS304)

明日はこのメンバーで戦ってきます。


画像の満開の桜はシーズーあみの散歩の途中の公園。
散り始めています。
 
[PR]
by simatao55 | 2011-04-23 17:51 | ゴルフ | Comments(2)

新潟 三越 玉川堂鎚起銅器展

c0117936_196990.jpg
c0117936_1963430.jpg
c0117936_197466.jpg
c0117936_1972987.jpg
c0117936_197516.jpg
c0117936_1981448.jpg


3月」15日~21日まで新潟三越で 玉川堂 鎚起銅器展が人間国宝 玉川宣夫 展と同時開催されました。

震災直後とあってBLOGでの紹介は遅れましたが、私が正月に玉川堂にアポなし見学にも快く応じていただきました営業のYさんが是非と勧めがありましたので、妻と一緒に目の保養に行ってきました。

間国宝の玉川宣夫氏の木目金の作品が沢山展示されていて、ご本人は勿論のこと奥様が先頭に立って訪れたお客様を数十年前から使用しいる堂鎚起の素晴らしい急須で入れたお茶を振るまっていました。
木目金の作品は「美」です。(素晴らしすぎて画像に収める手が止まってしまいました。。。。)


画像に品々は営業のYさんが控えめな営業態度で、立ち止ったお客さま方に説明していましたが、こう言うお客さんとの対話から新たな銅鎚起の商品が出来ていくので、玉川堂さんは全国の伊勢丹、三越を中心に百貨店でフェアを開催しているそうです。

こう言うフェアでは「お買い得品」が用意されている様子で当日はティーポット、急須セットでした。
値段だけ見れば「高っ!!」でしょうが、玉川堂さんの職人さん達が一枚の平べったい銅版から立体的なこれだけの形にするには何日もかかります。
一生もの以上の末代ものです。

画像だけではこの質感、感触は分りませんので是非一度手に取ってください。


因みに一番上の画像は「木目金」の酒器です。

木目金で結婚指輪を作る方々が増えているいる?そうですが、専門店での価格はこの価格以上に驚きます。。。。






 
[PR]
by simatao55 | 2011-04-20 19:37 | 玉川堂 | Comments(0)

シーズーあみ トリミング

c0117936_1124628.jpg


あみのトリミングに昨日行ってきました。

大分暖かくなってきたので、もうサマーカットに!!

顔のまわりも短くしたら、なんだか若返りました。

6月になれば2歳半になります。



ゴルフは2回ラウンドしましたが、オープン戦はアプローチとパットでまあまあでしたが、月例は大荒れですっかり自信喪失状態。。。

EPON AF-152はチーピンが出ないので左への恐怖はありませんが、時折、右に球が出ます。46インチと1インチ伸びた影響かな?
打感は柔らかく飛距離性能もあり、気温が暖かくなればもっと良い結果が出るのではないかと思っています。
来週は日本海月例です。
[PR]
by simatao55 | 2011-04-18 01:28 | シーズーあみ | Comments(2)

各種ダマスカス鋼作製 渡辺刃物製作所 

c0117936_1131910.jpg
c0117936_11312739.jpg
c0117936_11314737.jpg
c0117936_1132426.jpg
c0117936_11323764.jpg
c0117936_11325833.jpg
c0117936_11331724.jpg
c0117936_11333716.jpg
c0117936_1134498.jpg
c0117936_11342851.jpg
c0117936_11345083.jpg
c0117936_11351796.jpg

3月11の東日本大震災のまさにその日、新潟県三条市にある渡辺刃物製作所にお邪魔しました。
本来ならば、すぐにでも紹介したかったのですが、大震災に伴うBLOG休止で紹介することができませんでした。

折角、様々な種類のダマスカス鋼やナイフ、ジュエリーを見せていただくとともに、お話を聞いたのに紹介できなかったことは心苦しく思っていました。

まだまだ、震災の復興、福島の原発の放射能汚染の大問題の目処はまだまだたってはいませんが、日本が復旧に向かって動き出していることは言うまでもありません。

4月になったこともあり、前向きに物事をとらえていこうと言うことで、BLOG再開します。

さて、前述のとおり再開第一回目は渡辺刃物製作所  を紹介します。(リンクしましたので赤い文字のところをクリック!!内容濃いですよ!!)

渡辺刃物製作所は6代に渡り包丁等の刃物を中心に製作してきた歴史があります。
現在は、これまでどうり包丁等の刃物の製作販売に加え、6代目の渡辺真一さんが、各種ダマスカス鋼の製作・販売、そして自らジュエリー部門を立ち上げました。

私がよく「ダマスカス鋼」は、積層鋼、墨流し、鍛え地、MOKUME (木目)、MOKUMEGANE(木目金)、ウーツ鋼と呼ばれているそうですが渡辺刃物製作所では「この独特の製造法から金太郎飴鋼と名付けました。」と記載されています。(ユニーク!!)

画像でもありますが、映画『憐 ~Ren~』に渡辺刃物製作所のナイフが使用されています。

また、今回お邪魔して分ったことは、このBLOGで以前紹介した「日本製パター」は素材は渡辺刃物製作所製ですが、パターに仕上げたのは国名は聞きませんでしたがヨーロッパで作られたものだそうです。

実は、私のタッドモアのネック付きのダマスカス製アンサータイプのパターのネック部分は、溶接してあると指摘がありました。(渡辺刃物製作所が作製できるダマスカスの丸鋼で。。。。。。?!)

終わりには工場内まで見せていただきましたが、撮影禁止部分もあり、ダマスカス鋼製作でいくつかの特許も取得しているので、やはり企業秘密が!!

お話の中で、ダマスカス鋼をどのような物に使えるのか色々と思考しているそうです。本当はダマスカス鋼素材そのものを製作していくことを一番に望んでいると聞いたような聞かないような。。。。

いずれにしても渡辺刃物製作所のHPは好きな人にはたまらない情報が満載なのでお勧めです。

渡辺様 お忙しいところ押しかけ、親切な説明などありがとうございました。

HPにリンクフリーとなっていましたのでリンクさせていただきました。
[PR]
by simatao55 | 2011-04-03 11:36 | 諸々 | Comments(4)

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー


by taoten
プロフィールを見る
画像一覧