<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

燕 磨き屋一番館 鏡面仕上げ(白のバック)

c0117936_2155017.jpg
c0117936_21552384.jpg
c0117936_21554521.jpg
c0117936_21561693.jpg


前回黒地をバックに画像を掲載しましたが、同時に白地をバックにした画像もPCのディスクトップに残っていましたので、バックの色でどんな感じになるのか載せてみました。




※現在、YAHOOオークションにBLOG画像のヘッドの製作者であるKさんのDLC処理をした TPA18タイプが出品されています。
 これぞ本物のプロトタイプです。(日本製SUS303インゴットからヘッド、ネック全て一体C NC削り出しで、ヘッド全体サンドブラストにDLC処理)

http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u31652498
[PR]
by simatao55 | 2010-03-27 22:25 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(6)

またも 燕 磨き屋一番館 鏡面仕上げ 

c0117936_1346595.jpg
c0117936_1348219.jpg
c0117936_13493918.jpg
c0117936_13505893.jpg

c0117936_14484072.jpg


姫路のKさん作製のスクエアバックヘッドが 燕 磨き屋一番館 から鏡面仕上げで戻ってきました。

今回は、全面鏡面仕上げげお願いしました!!(サイトラインのあるセンター部分は除く)

前回、磨き屋一番館さんにお願いしたのは、SUS304(18-8ステンレス)でした。
磨いて輝かせやすいのはSUS304の方と聞いていましたが、今回のSUS303の輝き方も素晴らしい出来栄えで大満足!!

ソールも鏡面ですので、デジカメで撮ると、まるで鏡のように撮影している私の姿が写ります。

研磨する前のヘッド重量は350グラムでしたが、帰ってきたヘッドは349グラムと1グラム減でした。

※ヘッド製作は兵庫県姫路市のKさん、磨きは新潟県燕市の磨き屋一番館さん、フェース面の彫刻は 東京都板橋区のゴールドファクトリーの3箇所が関わっています。
[PR]
by simatao55 | 2010-03-21 14:49 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(8)

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)試作3

c0117936_7364123.jpg


左から 軟鉄(ガンブルー)SUS303磨き仕上げ、SUS303サンドブラスト

c0117936_7391434.jpg

SUS303の表面仕上げで大分感じが変わります。

c0117936_7413849.jpg
c0117936_7421375.jpg

c0117936_7442630.jpg


2月6日のこのBLOGで、DLC(ダイヤモンド ライク カーボン)試作2として仕上がり状態が厚くなりすぎ失敗だったとお伝えしていましたが、3回目の試作品の画像を一連のパターヘッド6個をお譲りいただいたKさん(パターヘッド製作者)から送っていただきました。

今回は成功だそうです!!

一番上の画像は比較するのに一番特徴が出ていると思いますが、見た目は軟鉄にガンブルーを施したヘッドと遜色ない仕上がりになっています。
なによりもSUSの表面処理の仕上がり方がダイレクトに出るので、鏡面、ヘアライン、サンドブラストと個人の好みに合わせることが可能と分りました。

鏡面はその輝きを失うことなく深い澄んだ黒色になるようです。

ウエッジフェースのDLC処理の画像を見ると表面処理の差が如実に表れているのが分るとと思います。

DLC処理では、最後の画像にグリーン色のドリル(14㎜)がありますが、黒で仕上がったものより耐久性があり、この画像は160㎜の深さでアルミのA6062に約2000穴あけた後の画像ださうで、錆っぽく見えるのは油で汚れたアルミカスです。
グリーンにもなるのであれば、異色のパターヘッドにもできそうです!

DLCの最大の特徴は耐久性です。
IP加工(イオンプレーテイング加工)より対抗断性、密着性は然強く、軟鉄ウエッジをDCL加工にすれば、ガンブルーのように見え、且つ摩耗に強いことからソール、フェースの黒色はガンブルーに比べようもないほど長持ちすることが考えられます。

私が軟鉄にDLCしても錆が出るのではないかと心配していることを伝えると、Kさんは、ウエッジに硫酸と水酸化ナトリウムを部分的に塗って水濡れの状態で屋外に放置して確かめた結果、全く何ともDLC処理された表面に変化はなかったと伝えていただきました。

DLC処理で軟鉄のメンテナンスから解放されれば、軟鉄のパターを再び使いたくなりそうです。

今後のKさんの様々なチャレンジに注目していきたいと思います!!
[PR]
by simatao55 | 2010-03-20 08:53 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)

パターグリップ ゴールドファクトリー ゲージデザイン エポン

c0117936_0354584.jpg
c0117936_036958.jpg
c0117936_0363492.jpg


やっぱりパターのグリップは黒が良い!!

ドライバー、アイアンのグリップは赤でも白でも青でも全然気になりませんが、パッティングの時はボールが体に近い所にあるためか、グリップの色が気になります。前にイオミックの赤を1ラウンドだけ使いましたがダメでした。ボールより近い手元に目立つ赤い色が気になりました。
それ以来パターのグリップは昔ながらの「黒」に決めています。

4本のグリップは、これから当分の間一心同体となるパターヘッドとシャフトを待つグリップ達です。

前にも書きましたが、ゲージデザインのイオミック製は、現在のゴールドファクトリーとロゴは違うけど作りは同じです。
この形はゲージデザイン在職中の現ゴールドファクトリー(昔からゴールドファクトリーですね。。。。)の佐々家氏がデザインしたもので、画像の通り同一形状でIOMIC製です。
今までいろんなパターグリップを使ってきましたが、自分としてはいまでで一番なじんだ形状になってます。

手元に2個ヘッドが完成しているので早く組み立てしようと思っていますが、毎日家に帰ってPCの前に座ると2個のヘッドがあるので眺めてしまいます。。。。
これも一つの楽しみなので組み立てに至りません。

シャフトが1本足りないのでジオテックさんの送料無料券を活用して、今度はゲージデザインのパターにほとんど入れていたNSプロのバイオレットにしたいと考えています。



EPONパターグリップ。。。。。定価12です。とてリーズナブルな価格設定です。感触も良くどこの国で製作されたかは聞きませんでしたが、ジオテックのチョーサー?と良いアメリカ、日本以外でも市場で評価されるグリップがこれから台風の眼になるのではないかと予測できます。

一歩も二歩も先のことを考えていかないと日本は危ないです。
[PR]
by simatao55 | 2010-03-16 01:02 | 道具 | Comments(3)

BS ツアーステージ X-DRIVE 703 試打

c0117936_16392429.jpg


昨日、久しぶりに「すし晴」さんにお邪魔し、生きの良い刺身で一杯と至福のひと時をすごさせていただきました。

その時、カウンターでご一緒になったのがBSの方々で、ほんの少しだけお話させていただいたなか、本日、私の行っている練習所で新生X-DRIVE の試打会が開催されることを知りました。

BSのドライバー史上で一番の名器のと評価が高いX500は、遠藤製作所でOEMとして生産されていたのは多くの方々が知るところですが、近年においてBSのドライバーは遠藤製ではありませんでした。

しかし、今回のX-DRIVE 703は久しぶりの遠藤製です。

遠藤製と聞いては「打ってみたい!!」と気持ちを抑えることができずに、先ほど試打会へ行きました。

デジカメも携帯も忘れたため画像を撮ることはできませんでしたが、インプレッションを少々。

試したのは標準者シャフトB10-01Wの多分SR?(BSとグラファイトデザインのツアーADのコラボ)

構えた感じは丸型で460CCにしては小さく見えるヘッド(G15に慣れたので小さく感じるのか?)で、フェースの向きがスッと構えて目標に向けやすいのが第一印象。それに、グリップが一寸太く感じました。(これもG15のPINGのグリップに慣れた影響か?)

いきなり打ったことと、シャフトのしなり方がつかめず最初の3発は全くタイミングが合わなくて超ヒール側に。。。。。
少し慣れてきたら、私にとっては良い感じの中弾道のボールを打つことができました。
見た目より球のつかまりが良く軽いドロウが出る位なので右への恐怖は感じませんでした。

打った感じは気持ちよい打感を真っ先に感じ、音もいかにも上級者が好みそうな締りのある乾いた打音で多くの方々から高い評価をされているのではないかと感じました。

担当の方から、限定で3000本?が発売される洋ナシ型ヘッドのX-DRIVE 703 Limited(435CC)も勧められ打ちましたが、これは丸型がダメな方には一発で惚れると思われる良い形状でした。(私は丸いのが良いかな!)

今回の X-DRIVE 703 は売れると思います。
なぜならば良い時代のBSのドライバーが帰ってきた感じたからです。

NEWV10ボールをいただきましたが、V10の文字の手前に太い短いラインが引かれいて、パッテングでは目標に合わせるのに使えそうです。
[PR]
by simatao55 | 2010-03-13 18:02 | 道具 | Comments(6)

ミリオンペット 女の子限定ホワイトデー企画!!ラブリーチョ-カー”

c0117936_20181132.jpg
c0117936_20183373.jpg


日曜日に予約していた「あみ」のトリミングは、土曜の乳歯(5本)抜歯のため、ようやく本日、妻と娘さん(春休み中)に頼んで、いつものミリオンペット 竹尾店さんにお願いしました。

帰宅したら、いつもの様子とは違い、首に何やらリボンが。。。。。

妻に聞いたら、標題にあるように女の子限定ホワイトデー企画!!ラブリーチョ-カー”サービスとのこと。

40日ぶりのトリミングでさっぱりして、若返った容姿とラブリーチョ-カーがマッチして可愛いこと(親バカです。。。)思わずデジカメでパチリ!!

今度の休みは私も1000円カットに行くぞ。。。。
[PR]
by simatao55 | 2010-03-10 20:32 | シーズーあみ | Comments(8)

PING G15 ドライバー セラーノ60

c0117936_784255.jpg
c0117936_795885.jpg

c0117936_8144435.jpg
c0117936_815980.jpg


ようやく、この土日にジャパンゴルフフェアのPING JAPANによるフィッティングで結果が良く、その時の仕様で出来上ったG15ドライバーを打ってきました。

仕様は体積460CC レングス45.75インチ(実際は現使用のハイパーERCより若干だけ長いので45.25インチ位だと思います) 総重量314グラム、バランスD4 シャフトはアルディラ社のセラーノのRです。(Rでも日本のS相当でしょう!)

バランスはPINGのカタログを見ると、D1~D5となっていて、カスタムフィッティングで調整しますと記載されていますが、今回のフィッティングの結果シートにはバランスが記載されていませんでした。
D4が出たと言うことはレングス標準、グリップも標準なんでヘッド重量が重めなもので出来上った可能性があります。
フィッティングした時のバランスがどのくらいだったかは、今となっては分りませんが、D4は少しバランスが出すぎた感があります。

さて、練習場での感触は、これまで使用していたハイパーERCよりも極端ではありませんが、ヘッドの効き過ぎをやはり感じます。

まだ、使い始めたばかりなのでタイミングが合わなく、切り返しのタイミングを思考錯誤しています。まだ、打ちこみが足りないので来週の連休3日間でなんとか調整してい予定です。

また、このG15の一番気に入っているのは、フェースが左を向いていないため、すんなりと目標に構えられることです。打ってみてもチーピンが出なく、ミスは右目に出るので安心して叩けます。

今月28日が今年初のプレーになりますので、それまでにエースの座に座ることができるか?
[PR]
by simatao55 | 2010-03-07 08:53 | 道具 | Comments(7)

Wishbone Ash (ウイッシュボーン アッシュ)

Warrior



The King Will Come



YouTubは昔むかしの音楽を手軽にPCで聴くこと、見ることができ、とても重宝しています。

今日は、高校時代から大好きだったウイッシュボーン アッシュのアーガス(邦題:百眼の巨人アーガス)と言うアルバムをYouTubで楽しんでいます。

このアルバムの全曲名曲と言っていいくらい素晴らしいアルバムです。

ツインリードギターの絡み方はほかには無い。



レガシィのコマーシャルのバックグラウンドミュージックに使えそう。。。。
[PR]
by simatao55 | 2010-03-05 20:49 | ミュージック | Comments(4)