カテゴリ:ゴルフ( 212 )

日本海CC 月例 返り討ち~

悲惨な一日でした。。。。。汗

昨日、今使っているハイーパーERCの調子がイマイチ(飛ばない!上がりすぎる!)なので、購入したショップの測定機で見てもらいました。

それによると、全てヒール側でヒットしているとインパクトの「画像」で説明してもらいましたが、自分ではそのような感じは全然していませんでした。
自分が鈍感なのか知れませんが、スポットを外していたとは。。。。
そこで、鉛シールをヒール側に張りつけて今日の月例に挑みました。

ドライバーの調子はこの鉛シールで及第点となりましたが、アイアン、フェアウェイウッドがめちゃくちゃ状態に。。。
トップからのダウンへのタイミングが全く分からなくなってきました。
重症です。

練習場では結構いい感じなのに実戦ではそのリズムでは打てません。。。

こんなにゴルフが難しく感じることは今まで体験したことはありません!!

レッスンプロに見てもらおうか?(シーズン終了後)
c0117936_17221613.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-07-22 17:22 | ゴルフ | Comments(0)

護摩堂杯 夏季休暇

夏期休暇を利用して湯田上CCの護摩堂杯に参加してまいりました。

同伴競技者は片手ハンデの面々!!

私のスコアは2バーディを出しながら88のぞろ目。

とにかくスイングがガタガタでまともに当たりません。

「前と変ってあわせるスイングでオッカナビックリ振っている!?」と、ラウンド終了後指摘がありました。
そうです、オッカナビックリの表現が自分で一番ぴったりした言葉です。

トップの伸び上がりを直そうと練習している最中ですが、実戦になると浅いトップからの切り替えしのタイミングがとりにくく、まともにボールに当たりません。
後半のラウンドは、あまりトップを意識しないでスイングするようにしたら当たりが少し出てきましたが、まだまだ自分としては変な感じです。


午後からは青空も広がり気温も高くなりましたが、今度の日曜の日本海CCの月例で今日のリベンジを。。。。。
c0117936_20512048.jpg


画像は紫陽花コースから新潟平野を望む
[PR]
by simatao55 | 2007-07-18 20:52 | ゴルフ | Comments(4)

日本海CC 東3番ショート

左右に外すとなかなか面倒なコース。

この前、左のバンカーからホームランで左の林の中。

ワースト8回を叩きました。

それまではそんなに苦手意識は無かったのですが。。。。。
c0117936_223461.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-07-05 22:03 | ゴルフ | Comments(0)

紫陽花コース 1番

昨日は職場の湯田上CCメンバーとラウンド。

朝から今にも雨が降りそうでしたが、18番ホールアウト直前にポツリとあたっただけで風もなく良いコンディションでランドできました。

バックティから来週の月例を意識してプレーしましたが、相変わらずつながりの悪いゴルフに終始しました。

紫陽花スタートホールはバックからだとたっぷり距離のあるミドル。
セカンドは突っ込むと後ろはOB。

セカンドは左に打ちたくなりますが、外せば下りのの寄せが難しく、ここは正面手前からが正攻法。


c0117936_10202513.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-07-01 10:22 | ゴルフ | Comments(2)

紫陽花最終コース

紫陽花の最終コースは、谷越えの打ち上げ。

目標は遠くに見える1本松の右サイド。

松の木を越えると下りになっているので飛ばしに自信のある方はお得!!


私は松の木の手前20ヤードなので、200ヤード残り。。。最近はパーが取れない。


c0117936_2157335.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-06-30 21:58 | ゴルフ | Comments(0)

生まれて初めてのNR

昨日、日本海CCの月例杯で生まれてはじめてのノーリターンとなりました。

とにかく,いつもの感じで振れない、力が出ない、集中が出来ない、仕舞いには足がもつれる、ティショットでよろけるなど、6ホール終了時点でギブアップ状態。

息も荒くなり、身体も熱を持ってきた感じとなりましたが、残り3ホールを何とか終了。

そして、棄権を宣言のあとでハウスの長いすにダウン。

40分くらいヨコになり、40分かけて帰宅。

帰宅するまでの40分が辛かったこと。

帰宅後に体温を測ったら38・8度 

これじゃ辛いはず。

その後、17時間寝たきり中年になりましたが、朝起きたら以外にも元気!

いったい何の熱だったのでしょうか?



今日の紹介ホールは護摩堂2番の池越えショートホール。

ここは、風がないとそんなに難しいことはありませんが、風が吹くと、地形からくる俗に言う「風が舞う」状態となり、風に対するジャッジが決め手になります。

c0117936_0262944.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-06-26 00:27 | ゴルフ | Comments(2)

護摩堂コース 6番

湯田上CC 護摩堂コース6番 バックから400ヤード。

飛ぶ人はバックからでもドライバーは左ひの付きぬけOBに注意。
3Wでコースセンター右の松に木がねらい目。

松の先30ヤードからは左へ向う斜面で左ラフまで行く可能性もあり。

ドライバーで右のOBを覚悟でフックでふっ飛ばせば、斜面利用でグリーンはすぐそこ?

私は飛ばないのでドライバーでセンター狙いで単純明快な攻め方。

グリーンが右の山手から左にかけて早いので注意。(見た目と違う曲がり方なのでショートパットも注意が必要)

c0117936_152020.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-06-23 15:02 | ゴルフ | Comments(2)

護摩堂コース4番 短いけど難しい

護摩堂コース4番は湯田上CCのミドルで一番短いコースです。

最初から上りで、幅は狭く短いとは言っても落とし所を間違うとセカンドが木越えのショットを要求され、ただ飛ばせばいいホールではありません。

左右は勿論のようにOB。

私は5番アイアンでセンター、そこからPWもしくはPSで狙うのがいつものパターンですが、パターンのとおりに行かないのが世の常です。(このごろはこのコースが嫌で護摩堂はなるべくラウンドを避けています)

グリーンも3分の2奥は下りが入り当然のようにグリーン外へ。
そこからのアプローチが難しく、このホールはピンをダイレクトに狙うのは要注意です。特に置くにピンがきられている時はなおのことです。
また、グリンー右から左下にかけてグリーンのコンディションによってはとても早くなるので。ピン上の右につけるのは避けるのが肝要です。
c0117936_7113153.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-06-20 07:12 | ゴルフ | Comments(0)

湯田上CC 護摩堂(ごまごう)1番ホール

2週間連続して残業が続きました!
昨日はようやく6時に帰宅でき一段落です。

さて、関東のお友達が新潟遠征ゴルフにいらっしゃるので、コースレポートです。

これまで2回湯田上CCの紫陽花コース、信濃川コースをラウンドしていただきましたが、今回は距離は短いがトリッキーな護摩堂コースをラウンドしてもらいます。

私としては一番苦手とするコースで、正確なショットとグリーンを読みきる目が必要です。

スタートホールは、バックティから375ヤードで軽い上り傾斜のコース。
コースセンターには大きな木が立ちはだかり、何回かこの木にティショットがあたりました。

右にはお隣のコースに行くのを食い止める目的?のバンカー、左は斜面で安心感はありますが、だいたい斜面に当たってもフェアウエイには戻らずラフに残る可能性大。だけど私は、いつも右より左の斜面側を狙って打つことが多いです。
それは、グリーンを狙のは左から右に狙いやすいからです。

この1番のグリーンは傾斜がきつく、特に左うえから右下に向って打つのは絶妙なタッチが必要です。
安全に右下に乗せ、のぼりのパットを残すのがこのホールの肝です。
セカンドの残りはショートアイアンですが、くれぐれもピンに対して左上にはつけないように心がけてください。
それさへ守れば優しいホールです!!
c0117936_1028783.jpg

[PR]
by simatao55 | 2007-06-16 10:28 | ゴルフ | Comments(4)

アデランス ウェルネスオープン

c0117936_21153385.jpg


先輩の久保田剛司プロが、胎内市中条ゴルフ倶楽部(日本海CCのお隣のコース)で開催されているアデランス ウェルネスオープンに出場したので応援に行ってまいりました。

アデランス ウェルネスオープンは、新潟で毎年開催されるシニアプロのトーナメントで、みのもんた、叶美香、野口 五郎、ガッツ石松などのタレントや地元アマチュアと一緒にラウンドする変則的なトーナメントです。

新潟には以前NST新潟オープンと言う賞金が一番低く、一番暑い時季に開催されるプロトーナメントがありましたが、久保田プロがNST新潟オープンに出場のときは良く応援に行ったものです。

それにしても、久しぶりに久保田プロの切れのあるアイアンショットを目の前にして「シニアになってもまだまだ行ける!!」と感じました。
シニアツアーは数えるほどのトーナメントしか無いようですが、中島常幸プロの活躍や良い時代に活躍していたプロのプレーが見れるシニアツアーも捨てた物ではないと感じた一日でした。

明日の久保田プロ活躍を願っています。
[PR]
by simatao55 | 2007-06-09 22:00 | ゴルフ | Comments(0)

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー


by taoten
プロフィールを見る
画像一覧