カテゴリ:KITADA GOLF DESIGN( 72 )

KITADA・ G・D CPM01K-C  DLCブラック ソールスリット組み上げました!!

c0117936_10594245.jpg
c0117936_1102463.jpg
c0117936_1104324.jpg
c0117936_1111087.jpg
c0117936_1112230.jpg


先週の日曜にKITADA GOLF DESIGN CPM01K-C  ブラック ソールスリットをシャフトは日本シャフトのNSバイオレット(私のゲージデザインパターの殆どがこれ:ベントシャフトは除く)で33.5インチ、グリップはゴールドファクトリー(黒)で組み上げました。

パターシャフトの在庫は4本ありましたが、シャフトカッターの歯が大分弱ってきたのでカットするのに大分時間と労力がかかるのでTEE-1新潟店で全部33.5インチにカットしてもらいました。

組み上げたた結果 総重量548グラム バランスD8と良い感じ!!
因みに昨シーズン私のゴルフ復活序曲(まだ本復活途中。。)に大きく貢献してくれたCPM01K-C サンドブラストは総重量558グラム バランスD9 グリップはEPONオリジナル。

普通、スリットが入ると打感が堅くなるなると思っていましたが、不思議なことにスリット無しより柔らかく感じるのです。
だいたい打感は手に伝わる振動よりも音の要素が大きいと聞いていまっした。。。。極薄い被膜のDLCの影響があるかもしれません。

また、構えた感じはやはりサンドブラストは大きく感じ、DLCブラックは締まって見えます。

全ての画像はサンドブラストとのツーショットになっていますが、これは研磨の差を感じてもらいたかったからです。(じっくり見てください。極端な差ではありませんがRのなだらかな付け方等)

DLCブラックの各所の研磨がいかに丁寧に施されているばかりでなく、KITADAさん曰く「DLC処理をする前の各細部までの磨きを徹底的にしなければならない。だから人手と時間がかかる。。。」
オークションでヘッド単体で7万円~8万円と出されていましたが、これは多分原価で儲け無しの価格かと思います。
DLC加工だけでもびっくりするくらい高価な処理ですので、これを製品にすると。。。。。恐ろしい。
でも、KITADAパターはプロ支給品を多く手掛けているだけあってそれくらいの価値は十分にします。

オークションでは落札はありませんでしたが、実際いろんなところからDLCパターの引き合いが来たそうです。今回のオークションは一種の顔見せ興行的な意味があるようです。

今回のCPM01K-C  ブラックで2本のDLCを所有することになりました。(1本めはサンドビッグSUS304を燕の磨き屋1番館で全面鏡面仕上げにしたものをDLC処理のTESTのために提供したヘッド)
c0117936_11515288.jpg

[PR]
by simatao55 | 2012-02-04 11:52 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(10)

KITADA GOLF DESIGN CPM01K-C  ブラック ソールスリット

c0117936_2172640.jpg
c0117936_2175797.jpg
c0117936_218918.jpg
c0117936_218273.jpg


こらえ性のない私。。。。。

やはりKITADA GOLF DESIGNスエアー アンサーことCPM01K-CのDLC 漆黒 ヘッドを購入しました。

高級ガンブルー仕上げに勝る漆黒は私の心をつかみ続けました。

本来なら年末のEPON FW 3W AF-202HT と EPON 直営店限定 キャディバッグの購入で私のもてる限度額をオーバー!!
ブレーキをかけなければいけないと思いつつ。。。。。。

このヘッドのために私のお宝達が旅立って行きました。(元気でな!!大切にしてもらえよ~)

しかし、このヘッドのSUS303 サンドブラスト仕上げのお陰で先シーズンはパッティングの復調は大いなるものでした。

このたびのスエアー アンサーDLC漆黒はこの春のラウンドから投入したいと思います。

KITADAさんオークションからこのパターヘッドが消えたのは多くの人が気が付いたと思いますが、その犯人は私です。
リンクいただいているChange the world にも同じヘッドが出ていますが、これと同型の異なるヘッドだそうです。

KITADAさんからのお便りによると、オークションのDLCを見て引き合いや照会が舞い込んでいるようです。

2月18日(土)はジャパン ゴルフ フェアにおいでになるようなのでお会いするのが今から楽しです。
[PR]
by simatao55 | 2012-01-12 21:32 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(8)

KITADA パターの最近の研磨

c0117936_3513216.jpg
c0117936_3515627.jpg
c0117936_3522262.jpg
c0117936_3523883.jpg


KITADAパターと最近のKITADA GOLF DESIGNと名をうったパターの一番の違いを感じていますか?

KITADA GOLF DESIGNの名でオークションに出品しているパターは、はっきり言ってKITADAパターとしてっ削り出し仕立てほやほやの物ではなく、しっかりと研磨が施された完成品のパターヘッドです。

もう自分で研磨という楽しみを奪ったヘッドです。(笑)

その研磨もたぶんベテランプロ研磨師で、最近の超有名パターに施されている研磨と同一、いやそれ以上の研磨になっているのが画像からも分ると思います。

そこまで手を入れたパターヘッドにDLC ブラック(漆黒)やDLC GALAXY(オーロラ)コートを施しているいるのはKITADA GOLF DESIGNならではです。

もし、大手有名メーカーがこの企画を実現しようとすれば。。。。こんな価格では多分出来ないでしょう。

私自身これらのパターを見ているとふつふつと湧いてくる欲望をどうにか押さえている状態です。

しかし、クランクスクエアの漆黒DLC。。。ソールスリット。。。。たまらんです。


追伸。。。。やっぱり押さえきれませんでした。。。。。暇をもて遊んだ連休が悪い。。。金策に走ってます。
[PR]
by simatao55 | 2012-01-05 04:15 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)

KITADA GOLF DESIGN DLC☆GALAXY YAHOO オークションに登場

c0117936_6393222.jpg


YAHOOオークションにKITADA GOLF DESIGNのDLC☆GALAXYパターが出品されています。

オークションでは画像容量規制のため小さな画像でした見えませんが、オークションの質問欄から大きな画像をメールで提供するとのことです。

また、DLC☆GALAXYパターはリンクいただいているChange the worldさん、life-is-vain でご覧いただけます。

是非、多くの方にKITADA GOLF DESIGNのパターとDLC加工の美しさを見ていただきたいと思います。

このBLOGのカテゴリ「KITADA GOLF」にも画像等がありますのでご覧ください。

※画像はChange the worldのganrefさんが撮影したものです。
[PR]
by simatao55 | 2012-01-02 06:57 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)

KITADA パター KG00A  画像だけ!!

c0117936_21211637.jpg
c0117936_21213142.jpg
c0117936_21215268.jpg
c0117936_2122649.jpg
c0117936_21222691.jpg


life-is-vainさんに サンドビック社の丸棒からネック一体削り出しで作られたKG00A(本当の名前は別にあるようです)の画像をお願いしたら逆にお願いされたので急遽撮り直しました。
しかし、今一デジカメがおかしい。。。。。壊れかけているのか? モードが勝手に頻繁に変わります。
[PR]
by simatao55 | 2011-11-20 21:35 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)

KITADA スクエア バック クランクネック パター 待ち状態!!

c0117936_23131621.jpg
c0117936_23141792.jpg
c0117936_23145488.jpg
c0117936_23153336.jpg


久しぶりにKITADAさんのオークションを見ていたら、SUS303 削りだしパター KP-2FMSUS303 削りだしパター KP-2FMの質問欄に「スクエア バック クランクネック パター 待ち状態」と言う返答が記載されていました。

口コミ、他の人の所有のKITADA スクエア バック クランクネック 見たり、使ったり、様々な刺激で欲しくなっちゃうんでしょうね!!

ここのBLOGの刺激もあるのかな?
それともganrefさん 、life-is-vainさんのBLOGが刺激に。。。

良いものは良いのです。


追伸。。。。このヘッドは組み上げてエースパターとして現在君臨しています。
[PR]
by simatao55 | 2011-11-16 23:33 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)

KITADA CPM01K クランクネック 良いです

c0117936_932108.jpg
c0117936_9324757.jpg
c0117936_9332482.jpg
c0117936_9343256.jpg


日曜に湯田上CCの月例杯へ参加。

やはり暑い日でした。。。。。

紫陽花コースからスタートでしたが、前シーズンの右脇肉離れ(骨からの筋膜離れ)の影響でスタートホールで2回も「空振り」の悪夢から抜け出せません。
今シーズンもこの1番ホールのティショットはいつも脂汗が出てきます。
そしてダブルボギーが定番に。。。。(トリプルもも。。。) この日もダブルボギースタート。

それ以降はドライバーショットは落ち着いてきましたが、ドライバーショットの善し悪しがスコアに直結しました。

ドライバーは復調の兆しはありますが、良い感じで当たった時は少し右目に真っ直ぐ出ます。
これで少しもっどって来れば私の持ち球が復活します。

行きなり本番投入のKITADA CPM01K クランクネックは素晴らしく安定性がよく、短いパットは百発百中!!
ロング、ミドルパットとも距離感が初めからあったので、3パットは1回もありませんでした。
3メーターくらいの寄せワンパットが2回もあり、スコア的には今季ベストタイ。

パターヘッドカバーはオークリーの黒のスカルの予定(被せてました)でしたが、金曜夜にNHKTVで懐メロをやっていて「愛は勝つ」をKAN本人、森高千里等々がうたっているのを聞いて「そうだあ愛は勝つだっ~!!」と気持ちを高めEPONの「愛」刺繍のあるヘッドカバーに変更しました。

総重量460グラムですが、シャフトも重量がありバランスも良く普通にストローク出来ました。
ボールの転がりもゆっくり伸びていく感じのボールでラインに乗せて行きやすいパターと思います。
パチンと強く打つ人は。。。。。と思います。
[PR]
by simatao55 | 2011-08-16 10:10 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)

KITADA SUS303マレット CPM01K クランクネック 

c0117936_1072682.jpg
c0117936_1082519.jpg
c0117936_1092672.jpg


ようやく組み上げました。

明日早速いきなりの実戦投入!!

レングス33.5インチ 総重量460グラム バランスE0
良い感じに仕上がり満足。

KITADAの文字はSUBARU WRブルー(R2の補修用タッチペン) サイトラインはやはり愛車レガシィのサテンホワイトを使用。
綺麗に仕上げたつもりが。。。。老眼って嫌ですね。組み立ての時や説明書の細かい字にはまいります。

しかし、縦写真は何故か巨大な画像になるんです。

シャフトはジオテックと島田ゴルフ(KS)のコラボの140グラムでグリップはEPONオリジナルを使いました。
EPONオリジナルグリップはグリップエンドに少し堅めな別素材をドッキングさせてあり、シャフト挿入も実にスムースに行きました。
それに形状、太さ、ピタッと吸いつく感触と優れ物で値段もリーズナブル。

ヘッドカバーは二木ゴルフポイントの有効期限ぎりぎりに特価品として売られていたオークリーのスカルのブラック。後ろポケットの淵にグリップ出来るプラスチックの部品が付いています。

明日は大分気温が上がる予報なので体調だけは整えておかないと。。。。
[PR]
by simatao55 | 2011-08-13 10:34 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)

KITADA ウエッジ

c0117936_21241264.jpg
c0117936_21244394.jpg
c0117936_2125582.jpg
c0117936_21252925.jpg
c0117936_21255587.jpg


KITADAさんからクワガタマーク入り試作中のウエッジの画像をいただきました。

試作中と言うことはPROTOタイプ!!

今後どう仕上げていくか思案中だそうです。

このウエッジヘッドは姫路の鍛造製で言わば「種」です。KITADAさんの担当はCNCかと思いますが、ヘッド鍛造、研磨、CNC等の専門職が一つのウエッジを作って造っていくそうです。

チームプレーで良いウエッジになることを期待します。
[PR]
by simatao55 | 2011-02-09 22:20 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(2)

KITADA GOLF DESIGN MOD01

c0117936_17545696.jpg
c0117936_17551654.jpg
c0117936_17553753.jpg
c0117936_17561630.jpg
c0117936_17563959.jpg


KITADA GOLF DESIGNからMOD01が届きました。

前から気になって気になって仕方がなかったパターヘッドです。

ピンタイプながらこれまでのKITADAさんの パターヘッドに比べ、トウ側にボリューム感あるデザインになっています。

実際のところ組み上げてボールを転がしてみないと何とも言えませんが、視覚的には自然にトウ側でヒットさせたくなるのはないかと予想しています。

一番下の画像で同じKITADAさんのデールヘッド?タイプ(5.5センチ)と比べて分ると思いますが、キャビティ部分が小さく(5センチ)、その分トウ側のフランジ面積が大きく取られています。
そして、サイトラインは普通であればキャビティ部の真ん中に引かれる場合が多いと思いますが、MOD01 はセンターよりトウ側に約1.5ミリ位ずらして引かれています。
サイトラインは重心位置に引くことが基本なので、この位置は見た目と同じく若干トウ側に中心位置があると言う証ではないでしょうか。(あくまでも憶測)

ソールの後方部分も意図的に研磨で落とされいます。

何れにしてもMOD01はKITADA GOLF DESIGN の中でとても個性的なヘッドです。

このヘッドは近いうちに組み上げ実際にマットの上で打ってみたいと思います。(本当のグリーンなら良いのですが一応シーズンオフにしました。。。。)
[PR]
by simatao55 | 2010-11-28 18:44 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(2)