カテゴリ:道具( 152 )

BAG DROP R80's CART BAG LIMITED“Augusta,GA”で朝錬

c0117936_815319.jpg
c0117936_825444.jpg
c0117936_831893.jpg

c0117936_841421.jpg
c0117936_863169.jpg


BAG DROP R80's CART BAG LIMITED“Augusta,GA
クラバーベースオリジナル リスペクト80'sリミテッドカートバッグ“Augusta,GA” で初朝錬してきました。

幅広ショルダーでとてもとても担ぎやすいのが印象的。
それはショルダーの取りつけ位置のバランスの良さからもきていると思います。

今現在のドラーバー FW UTのヘッドカバーのままだと少し頭でっかちで見たののバランス悪し。。。。。

c0117936_8151180.jpg

頼んでいるニットのヘッドカバーに入れ替えれば丁度良くなる予感。

70年代中盤ゴルフを始めた時に御徒町のコトブキゴルフで黄色のリンクスのキャディバッグ(当時はキャディバッグと言う言い方が主流)かいましたが。
このころはみんなリスペクト80'sリミテッドカートバッグ“Augusta,GAと同じ格好が主流でしたので凄く懐かし形です。

現代のバッグはボール、雨具、小物類を収納する部分が多く重宝していますが、このバッグの収納は昔と同じく前ポケットにボール、ティケース+αですが実用上も過不足ありません。
バック側には横長に入るスペースと斜めにファスナーがありそこにも量的には少ないですが、ルールブックとか入れるのに重宝しそうです。

全体のスタイルは80'sと名付けていることもあり、まさに昔の良い時代?!を過ごしてきた私はノスタルジーにひたり、使う喜びと所有する喜びを感じるバッグです。
[PR]
by simatao55 | 2013-11-23 08:45 | 道具 | Comments(4)

BAG DROP R80's CART BAG LIMITED“Augusta,GA” 細かいところ

明日はR80's CART BAG LIMITED“Augusta,GA”にクラブを入れて朝錬に行きます。
その前に「素」のバッグの細かいところの画像を撮りました。

c0117936_2047741.jpg

BAG DROPからお借りした画像!!
c0117936_200915.jpg

なんと!なんと!シリアルNO 01/14 でした。(なにも無理に頼んだ訳じゃありません)
でも嬉しいです01!!
c0117936_2071149.jpg
c0117936_20730100.jpg

表面の80年代のシボ(革模様)の合皮(PVC)に分厚い頑丈なヌメ革がショルダーの上から下までしっかり縫い付けられています。
c0117936_20121956.jpg
c0117936_20123832.jpg
c0117936_2013226.jpg
c0117936_20134977.jpg
c0117936_20141295.jpg
c0117936_20143413.jpg
c0117936_20145786.jpg

とにかく手抜きなく細かいところまで丁寧な造りで深い深い拘りがズンズン伝わってきます!!
c0117936_20172867.jpg

ショルダーを繋ぐ金具は野太く物凄くしっかりしています。
個の部分は経年で金具を覆う表皮がめくれ上がりみっともなくなりますが、これだけの金具と分厚いヌメ革で頑丈に作られていれば本体がくたびれてもこの部分は大丈夫!!多分経験則の拘りです!!
c0117936_20235311.jpg
c0117936_2024999.jpg

c0117936_20253869.jpg

バッグ全体の縫い目の均一な正確さ頑丈さはただものではありません。
随分昔はみんなこんな縫い目がバッグ全体にあるのが当たり前でしたが。。。。
ファスナーはSKDですが始めて見るメカーです。
バッグの底には95-A ゲージデザインのバッグには10-ので底は9.5インチなんでしょう?
口径は9インチ表示ですが。。。
渋く光るCLUBERエンブレム!!良いですわーっ!!

明日はこのバッグにクラブを入れて練習だーっ!
テンションあがります。

EPONの限定バッグの処遇は?
[PR]
by simatao55 | 2013-11-22 20:42 | 道具 | Comments(0)

SW ゲージデザインSHIN ウエッジに戻す

c0117936_12202811.jpg

c0117936_12211086.jpg
c0117936_12214571.jpg

c0117936_12544669.jpg

久しぶりに5本のSWのテスト。

段々とコースの芝が薄くなりSWでの寄せのミスが多くなってきました。

EPON 210KGXが今年のエースでしたが、今日の朝錬の結果、久しぶりに冬季はゲージデザインSHIN ウエッジにします。
SHIN ウエッジの良いところはボールを拾ってくれることとベアグランドでもヘッドがはねないで良く抜けることです。その代わり、バンカーでは技が必要です。
エクスプロージョンショットは少し苦手なウエッジで砂は薄く取る打ち方があっています。
スピン性能は10年以上たっていますが抜群で今日の朝のテストで群を抜いていました。

久しぶりの練習場での使用でしたが、この安心感溢れるフェース面は現代のウエッジから消えかかっている感じがします。
悪く言えば古いタイプの形かと思いますが私は大好きな形です。

SHINウエッジの鈴木伸也さん今何処に。。。。。FBZも無くなったようだし。。。。 
[PR]
by simatao55 | 2013-11-14 12:47 | 道具 | Comments(3)

質感最高!! Kinoshohampu

c0117936_1922549.jpg


Kinoshohampu PGAボストン(プロト) 只今帰宅したら着いてました。

とりあえず1枚パチリ!!

実物じゃないとこの質感は伝えられません。

今日はここまで。。。。
[PR]
by simatao55 | 2013-11-13 19:25 | 道具 | Comments(0)

銘木パトリオット型ボールペン マスールバーチとスネークウッド

c0117936_21502618.jpg
c0117936_215111.jpg


最近。。。。銘木のパトリオット型ボールペンにハマってます。

最初の画像のペンは、軸材に北欧最高級珍木のマスールバーチ(特殊な樺)を使用した手作りワンピースボールペンです。
マスールバーチ(特殊な樺)とは、樹木がまだ細く、若い時期に極小さな蛾などの幼虫が入り虫食いにあい、幼虫が通った穴(食痕)を若い樹木が埋め戻そうとして樹液を出します。その痕が全体に入り特徴的な杢の表情になった素材です。
色合いは明るく軽い感じがしますが、実際に手に取って見ると重量感がありペンとしてのバランスも良い感じです。
蛾の幼虫が空けた穴を木自身がふさいで出来た模様も個性的ですが、樺の木自体パールが入ってとても奇麗で気に入ってます。

2枚目はお箸でも一番のお気に入りのスネークウッド。
一番良い模様のところを撮りましたが、なかなか全体が良い感じで模様の入ったものは入札者が多く高値で落札されているようです。

スネークウッドは比重が重いため、見た目の美しさもさることながら持った時の重さに感激します。
スネークウッドはペン材ではヒビが入りやすいようで出品されるペンの中には僅かなヒビが入ったものがお安く手に入ります。
実際に使用するなら良いでしょう。
コレクション目的の方は。。。。。駄目でしょう。



ところで7本のお箸で毎日一変えて1週間分揃えましたが。(現在南天のお箸はどうなるか。。。)
お箸のケースと箸立は25日頃到着の予定です。
[PR]
by simatao55 | 2013-10-16 22:26 | 道具 | Comments(4)

第2弾 銘木 箸 三種 紅木紫檀 南天 黒柿

c0117936_2230814.jpg


とうとう一週間の食事に毎日違う箸を使うことができるようになりました!!

そうです7膳の箸に到達しました。

今回は紅紫檀 南天 黒柿と3種趣が異なる感じです。

c0117936_2237110.jpg
c0117936_2237308.jpg

c0117936_7264932.jpg

紅木紫檀(コウキシタン)について

【科目/マメ科シタン属】【産地/インド南東部、スリランカ等】【比重/約1.2】
紅木紫檀は「レッドサンダー」とも呼ばれ、極めて比重が高く、導管は詰まっており、強度、耐久性、安定性も高い材で、旧来より三味線の棹の最高級材として扱われていました。心材は新しいときは橙紅色ですが、時間の経過と共に濃紅色か濃紅紫色になり、さらに黒褐色に変化していきます。高級家具、建築装飾材、楽器、工芸品などに使用されましたが、染料を採る目的でヨーロッパへ輸出され、蓄積量が極めて少なくなってしまい、現在では日本に入って来ない希少で貴重な銘木です。

「老紅木」と呼ばれる樹齢数百年の紅木紫檀です。紅木紫檀は樹齢が古いほど色が濃くなっていく傾向があります。

c0117936_2241115.jpg
c0117936_22412857.jpg

c0117936_22453611.jpg

南天について

【科目/メギ科ナンテン属】【産地/西日本・四国・九州】【比重/約0.62】
「南天」は中国が原産で古くに渡来した栽培種が野生化したものだとされています。庭木として植えられることが多く、幹はあまり大きく成長しませんが、東京・葛飾の柴又帝釈天にある南天床柱が樹齢1500年、株径30cmで日本一と言われています。一般的に木材として出回ることは無く、まれに数センチに成長する木があれば、茶入れや棗、アクセサリー等に加工されます。「難転」とあてて「難を転じる」の意に解釈される縁起木で、太い材は特に珍しいとされる希少材です。
因みにSクラスです。Sランク:樹齢100年以上の材で「髄」「皮面」が一切無い均整の取れた南天です。(一部「染み」有り。)

c0117936_22474059.jpg
c0117936_22475910.jpg

c0117936_7302471.jpg


黒 柿(クロガキ)について

【科目/カキノキ科カキノキ属】【産地/日本】【比重/約0.7】
「黒柿」は柿の古木が土中からの成分と反応して黒色の縞模様を発現したもので、水墨画を思わせる美しい杢や紋様で知られており国産銘木材の最高峰とされています。しかし本当にきれいな黒柿は1万本に1本の割合と伝えられています。その中でも更に希少な黄金色を帯びた緑色のまさに孔雀の羽状の紋様が幾重にも重なる「孔雀杢」と呼ばれる特殊な杢があり、こちらに至っては10万本に1本程しか出現しないと言い伝えられています。


アッと言う間に7膳に達しました。

南天は妻へのプレゼントとなりましたので。。。。。。もう一膳?!

全てのお箸は四国は愛媛県新居浜市の加藤家具さんから購入しました。

これだけ揃えると自分専用の入れ物が必要です。
抜かりはございません25日頃到着します!!

※画像がなかなか難しく加藤家具さんの画像を借用しました。(自作画像は1枚目のみ。。。。)
 接写用の一眼でも用意しようか!?そうすれば質感が出るのかな?
[PR]
by simatao55 | 2013-10-11 22:55 | 道具 | Comments(4)

オンリーワンの銘木の敷板兼マウスパッド

c0117936_20293859.jpg
c0117936_2030241.jpg


銘木にハマって約1.5ヶ月。。。。。

銘木お箸に魅力を感じ、そしてオークションでは銘木ペン。。。。。。
とどまるところを知りません。

銘木に限らず「木」のぬくもり感って好きです。
そして香りもです。

そんな銘木の小物に目が向いている真っ最中に加藤家具さんがやってくました!!

お箸を作る時に出る銘木の端材で作った敷板兼マウスパッド
c0117936_20393269.jpg


c0117936_20401080.jpg


この板に作りに使った銘木は約40種類!!

紅木紫檀、ブラジリアンローズウッド、インドローズ、本紫檀、紅紫檀、キングウッド、ココボロ、チューリップウッド、ピンクアイボリー、パープルハート、花梨、ブビンガ、サティーネ、レースウッド、青黒檀、本黒檀、縞黒檀、アフリカ黒檀、シャム柿、黄王檀、本鉄刀木、紫鉄刀木、パンガパンガ、ウエンジ、ブラックウォールナット、マホガニー、チーク、ハードメープル、スネークウッド、リグナムバイタ、黒柿、南天、御蔵島桑、御蔵島黄楊、斧折樺、屋久杉、欅、神代楡、槐、一位、黄蘗、白樫、棗、枇杷、栗、蜜柑、山茶花、山桜材のうち40種類前後/オイル仕上げ

何て読むんだろう?って言う物もあります。。。。。。
同じものは決してできないのでオンリーワンの銘木の敷板兼マウスパッドです。

値段は銘木に興味のない人は。。。。。。。汗 でしょうが、好きな人は「おっ!良いな!」って思うのではないでしょうか。
私はすぐにポチッして発注。

手間が物凄くかかるそうです。
多分手間賃位の値段かと思います。

興味のある方は加藤家具さんへ。
[PR]
by simatao55 | 2013-10-04 20:54 | 道具 | Comments(1)

銘木 箸 三種 青黒壇 ブラジリアンローズウッド「ハカランダ」  リグナムバイタ

c0117936_21244817.jpg


銘木箸の最初はスネークウッド!!
これで一発でハマりました。

私の性格はストレスがかかっていると普通でも収集癖があるのに。。。。より一層拍車がかかるようです。

今回もスネークウッドの箸を購入した加藤家具に一挙に3膳お願いしました。

c0117936_21343131.jpg
c0117936_21345674.jpg

あまりにも黒くて写りが悪いですが、重厚さと深い黒色は流石国壇のキング!!
最初は。。。青黒壇 説明は加藤家具さんのHPからコピー&ペーストさせていただきました。

青黒檀(アオコクタン)について【科目/カキノキ科カキノキ属】【産地/インド、スリランカ、西アフリカ等】【比重/約1.3】
「青黒檀」は、世界で最も硬い木材の一つにも数えられ、黒檀の中で最も重厚です。なぜ「青」が付くかと言いますと、導管に青緑色の物質がつまるため製材すると青緑色がかって見えるところから「青黒檀」と呼ぶようになりました。製材直後は青緑色っぽいですが、時が経つと真っ黒になります。しかしながら硬い反面、木取り時にヒビが入りやすく歩留まりの良くない材なので当店でも苦労している材のひとつです。 現在は全く輸入されていませんので「幻の黒檀」と呼ばれている稀少材です。

c0117936_21375460.jpg
c0117936_21381267.jpg

c0117936_21432180.jpg


ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)について

【科目/マメ科ツルサイカチ属】【産地/ブラジル(バイア州周辺)】【比重/約0.87】
「ブラジリアンローズウッド」は「ハカランダ」とも呼ばれ、ローズウッドの最高峰に位置します。材面は赤紫褐色から紫色を帯びた暗褐色で、黒紫色の縞模様があります。緻密で光沢があり、狂いが少なく硬く優れた特性があるため、ヨーロッパの宮廷家具や屋内装飾材、ギター等の楽器類、木製のチェスのセット、皿や椀等々の旋盤細工にも使用されていました。現在「ブラジリアンローズウッド」は特に希少材となり、ワシントン条約の絶滅危惧種に指定され、国外への移出が禁止されています。

c0117936_21434257.jpg

c0117936_21442237.jpg


リグナムバイタについて

【科目/ハマビシ科グアイアカム属】【産地/中米から南米北部】【比重/約1.4】
別名「癒瘡木(ユソウボク)」とも呼ばれ、世界で最も重い木材として知られています。「リグナムバイタ」とは「生命の樹」という意味のラテン語で、古来この樹の樹液は万病に効くとされ、非常に高値で取引されてきました。心材は茶褐色ですが、時間の経過と供に鮮やかな深緑色に変化していきます。樹脂を多く含んでいるので船舶のスクリューの軸受やボーリングの球などに使用されていました。現在はワシントン条約により輸入が禁止されています

そして、大好きなスネークウッド製の箸置き
c0117936_2148417.jpg

残り3個を大人買い!!おまけにリグナムバイタ製の箸置き頂きました。(ありがとうございました)

最後は「加藤家具」さんのシール!!
c0117936_21494944.jpg


加藤家具さんの箸はどう見ても、考えても他のお店と比べリーズナブルです。(あくまでも比べて。。。箸、銘木に興味のない方々にとっては多分「どこがリーズナブル?」と思うでしょう。好きな方々にとってはい「良い店見つけた!!」となります。趣味って言うのはそう言うものだと思います。100人いれば100通りの価値観です)

多分これで終わらないと思います。。!!!!
[PR]
by simatao55 | 2013-10-01 21:57 | 道具 | Comments(3)

世界最高級銘木 ハカランダ ハンドメイド ボールペン

c0117936_22252946.jpg

c0117936_21453740.jpg
c0117936_21455459.jpg


今度は貴重な銘木 ハラカンダ(ブラジリアン ローズウッド)のハンドメイドのボールペンでございます!!
(ギター好きな人は知っているな!!)

ヤフオクで様々な銘木で出品されている方がおられます。

マルナオの銘木(縞黒壇?)箸で火が付いて。。。。スネークウッドのお箸に惚れこみ。。。実使用中!!

そして、お箸は4本をローテーションで使用すると乾燥することでお箸が長持ちすると聞いて、青黒檀 リグナムバイタ(比重が超重い)ハラカンダ(ブラジリアン ローズウッド)の3膳をオーダー中。(スネークウッドの箸置もついでに最後の3個をオーダー)

金属も好きだけど銘木も好き状態になってます。

ハラカンダ(ブラジリアン ローズウッド)のボールペン軸に鼻を近づけると。。。ほんのりととてもいい香りがします。

ボールペン芯は私が惚れこんでいるジェットストリームでどこの文具店にも替え芯は置いてあります。

銘木は楽器、家具に使用されていますが、資源の枯渇で禁輸の品種が増えていてなかなか手に入らない部材も多いと聞いています。

ただ、小物類は家具に使われていたものの再利用と言う裏技があるとか。。。。、
昔は誰も見向きもしなかった端材が立派な商品として扱われるようになったとか。。。銘木もリサイクルとエコがキーワードのようです!!

さて次は紅木の。。。。。

因みにボールペンを載せている台はスネークウッドですね。
[PR]
by simatao55 | 2013-09-27 22:21 | 道具 | Comments(6)

箸にハマりそう。。。スネークウッド

c0117936_19115698.jpg
c0117936_19121765.jpg
c0117936_19123673.jpg
c0117936_19125297.jpg
c0117936_19144062.jpg

c0117936_19171753.jpg


これまでの人生の中で木製品には全く興味は無かったのですが。。。。。。

しかし、先日、燕三条イタリアン Bitでマルナオのお箸を使わせていただいたのをきっかけに。。。箸に対する興味がふつふつと沸いてきました。
食事の帰りに新潟伊勢丹に寄って数種類置いてあったマルナオのお箸をじっくりと手に取り確認してご購入寸前までまで行きましたが、妻の「もう少しいろんなこと調べてかでも遅くないんじゃない!!」の言葉に我に帰り踏みとどまりました。

家に帰ってネットで調べていくうちに「箸」に使用する素材に徐々に興味の中心は変わり「スネークウッド」と言う銘木に焦点が当たりました。
スネークウッドについて購入したお店「有限会社 加藤家具」のHPでの説明文には以下のとおり。

スネークウッドについて

【科目/クワ科ピラティネラ属】【産地/南米スリナム、ギアナ等】【比重/約1.3】
蛇の鱗の様な美しい模様をもつ「スネークウッド」は別名「豹麗木」「レターウッド」とも呼ばれる世界最高峰の銘木材です。材は極めて重硬で緻密な材の為、加工や乾燥が困難です。磨くと滑らかに仕上がり耐久性が高い為、最高級のステッキ、バイオリンの弓、釣竿・傘・ナイフの柄などに利用されています。模様の具合により価値が変動し、美しく均整のとれた模様の材は「木のダイヤモンド」と称され高値で取引されます。元々産出量が極めて少ない材で、現在でも「幻の銘木」と言われています。今後ますます入手が困難になると思われます。

このたびは入門編?!として「箸」の作りが八角で有り、模様が気に入ったと言うことに加え、価格がスネークウッドにしてはリーズナブルだったことから画像の物に決め購入しました。

興味のある方は有限会社 加藤家具さんのHPを参考にしてください。

因みに私が購入した物はAランク #47 (サイズ:長さ251×太さ9.0×箸先1.5㎜ 八角形) 男性用
重さが二本で27グラム有りました。(第一印象は結構ずっしりと来ました!!)

今まで使用してきたものより2センチほど長めですが、実に小さなものまでつまみやすく食べやすいです。

この一膳で終わればいいのですが。。。。。。。。
三条マルナオにも特別限定品として素晴らしいスネークウッドの「箸」があるのです。。。。。実物を見てみたい!触れてみたい!!

※こちら「森のかけら」実に良いHPです。
[PR]
by simatao55 | 2013-09-02 20:11 | 道具 | Comments(2)

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー


by taoten
プロフィールを見る
画像一覧