KITADA GOLF DESIGN の北田さん

c0117936_8194791.jpg
c0117936_820866.jpg
c0117936_8205583.jpg

c0117936_8215743.jpg

c0117936_8211368.jpg

c0117936_8225199.jpg

c0117936_8232375.jpg
c0117936_823392.jpg
c0117936_8235762.jpg


今回のゴルフフェアではKITADA GOLF DESIGN の北田さんと初めてお会いして、毎年恒例の「ハムの会」まで行動を共にました。

KITADA GOLF DESIGNのパターは都合3ケ所のブースで展示されていましたが、実は一番圧巻だったのは北田さんが姫路から手提げかばんに入れてきたパターヘッド、ウエッジ(DLC)の数々!!

BLOGに収まらない数のヘッドが次から次へ出てくる出てくる。
会場内では広げられないので、昼食時のレストランのテーブルの上に一個1個ヘッドカバーに収まっていたヘッドを出し、即席展示会。

DLCはいろんなテストを繰り返し、全面漆黒~銀色に見える黒~青系、ギャラクシィーは濃い目~薄め~青系までDLC処理の窯の中のヘッドの配置等でどうすればどうなると分ってきたそうです。
1回のDLC処理窯に時入るヘッドの数は限られているし、1回の窯を動かすだけで相当な費用が。。。。。
今でも試作段階と言え全てのヘッドは本物のprototype(製品化されたプロトタイプが多すぎ。。。)

後でヘッドを入れてきたバッグを持たせていただきましたが「重っ!!」

しかし、目の前にお宝が並ぶとやはり心がときめくパターヘッドありました。
私がさんざん迷った挙句無理を言って姫路に返すことなく新潟に1個お持ち帰りしました。。。。
本当は売り物で無く色々なゴルフ関係者にご覧頂くための見本として姫路から持ってきたパターヘッド!!
北田さんありがとうございました。


※1 DLC処理したヘッドをサンドブラスト、ビーズブラストしてもDLC(ダイヤモンド ライク カーボン)はダイ   ヤモンド硬度と同等なので、まっくヘッド表面は変わらないそうです。
   ただし、母材(Fe,SUS303等の母材が変形するような衝撃は母材とともに壊れます)
※2本格的L字の試作品もありましたがまだまだ削りが途中なので。。。多分このままの姿では出ないとのこ    とでした。


とにかく北田さんは研究熱心で一度語り始めるとお話が止まりません。
ゴルフヘッドへの情熱がびんびんと伝わってきます!!商売の人ではありません。技術者&芸術家です。
[PR]
by simatao55 | 2012-02-26 09:05 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)
Commented by mashie at 2012-02-26 09:22 x
作製者との直接のコミュニケーションは、使用者としての究極のクラブ選びですね。
市販にはない作製者のこだわりが感じられ、職人の魂がこもっていると思います。
羨ましいです。
Commented by taoten at 2012-02-26 09:48 x
mashieさん
mashieさんもTPミルズさん、GENE NEADさんと直接コンタクトできることは羨まし限りです。
北田さんも先日のメールアドレスからやり取りができますので、もし気になるパターがありましたらコンタクトは誰でも取れます
今回、ウエッジも見せていただきましたがこれも良い!!
Commented by Hasegawa at 2012-02-26 09:50 x
おおーいいですねー
ウェッジも惹かれます。DLC加工いいですね。
北田さんとゴルフ談義してるとあっというまに時間が経ちますね!(笑
私のウェッジも送っていただきました。今日到着予定です!
Commented by りょう at 2012-02-26 09:56 x
思わずヨダレが出そうなヘッドの数々ですね。
どのヘッドを持ち帰りしたのか詳細楽しみにしてます!
Commented by taoten at 2012-02-26 16:31 x
Hasegawaさん
ウェッジもかなり良いです。
DLCの色合いも色々なタイプがありましたが、どれも魅力的です。
到着するのはパターですよね?

りょう さん
どのヘッドをお持ち帰りしたか。。。。
お楽しみに。

しかし我慢が出来ないくらいのパターヘッドです。


<< 画像で綴る東京!!とハムの会 ... BUCHI GOLF >>