連続スリーパット 2

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー

新潟 三越 玉川堂鎚起銅器展

c0117936_196990.jpg
c0117936_1963430.jpg
c0117936_197466.jpg
c0117936_1972987.jpg
c0117936_197516.jpg
c0117936_1981448.jpg


3月」15日~21日まで新潟三越で 玉川堂 鎚起銅器展が人間国宝 玉川宣夫 展と同時開催されました。

震災直後とあってBLOGでの紹介は遅れましたが、私が正月に玉川堂にアポなし見学にも快く応じていただきました営業のYさんが是非と勧めがありましたので、妻と一緒に目の保養に行ってきました。

間国宝の玉川宣夫氏の木目金の作品が沢山展示されていて、ご本人は勿論のこと奥様が先頭に立って訪れたお客様を数十年前から使用しいる堂鎚起の素晴らしい急須で入れたお茶を振るまっていました。
木目金の作品は「美」です。(素晴らしすぎて画像に収める手が止まってしまいました。。。。)


画像に品々は営業のYさんが控えめな営業態度で、立ち止ったお客さま方に説明していましたが、こう言うお客さんとの対話から新たな銅鎚起の商品が出来ていくので、玉川堂さんは全国の伊勢丹、三越を中心に百貨店でフェアを開催しているそうです。

こう言うフェアでは「お買い得品」が用意されている様子で当日はティーポット、急須セットでした。
値段だけ見れば「高っ!!」でしょうが、玉川堂さんの職人さん達が一枚の平べったい銅版から立体的なこれだけの形にするには何日もかかります。
一生もの以上の末代ものです。

画像だけではこの質感、感触は分りませんので是非一度手に取ってください。


因みに一番上の画像は「木目金」の酒器です。

木目金で結婚指輪を作る方々が増えているいる?そうですが、専門店での価格はこの価格以上に驚きます。。。。






 
[PR]
by simatao55 | 2011-04-20 19:37 | 玉川堂 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31