連続スリーパット 2

ゴルフとハンドメイド ボールマーカー

無刻印パターヘッド 1本目組み立て完了!!

c0117936_11521831.jpg
c0117936_11523866.jpg
c0117936_11525472.jpg
c0117936_11531123.jpg

c0117936_13322375.jpg


正月の暇つぶしに、先日手に入れた5個のパターヘッドのうちの1本を今日組み立てました。

ヘッド形状は先月紹介したものと同じで、こちらは1本ラインのヘッド。
このヘッドも某メーカーが1本ラインに横の1ラインを加えて販売されたモデル。(定価高いです。。。。)
この某メーカーの紹介では、ステンレス303鍛造CNC削り出しとなっていますが、鍛造と言えば金型に入れ叩くことを一般的に「鍛造」と言うので、本来ならばインゴット(塊)を全てCNCからの削りだしと言わなければなりません。

SUS303でも鍛造CNCと言えば金型で形を出し、フェース等の一部をCNCで削ることを言います。(キャメロンの一般市販品はこのタイプ?)

鍛造CNCとインゴットCNCでは手間、材料の量の差でヘッド作りに掛る費用はだいぶ違ってきます。
なので鍛造CNCと明記されているんものはどちらかと言うと価格は低く設定されています。

だいぶ話がそれたので!!

で、画像のものはインゴットをネックからヘッドまでオールCNCからの削りだしのものです。(現在オークションで5本ラインが出品されているようです)

組み立てた仕上がりの数値は、総重量553グラム(ヘッド356グラム、シャフト130グラム(切断前は150グラム)グリップ64グラム、残りの重量3グラムはソケットと両面テープ)
レングスは33・5インチ、バランスはE0となり、今時のスペックとなりました。
ちなみにシャフトはジオテックと島田のK'sが共同開発したものを使用しました。
また、グリップはIOMICのアブソルートMD1 ブラックを使用しましたが、これもなかなかしっとりとした感触の良いグリップです。
さすがIOMICです。

まったくのノーロゴのパターヘッドですが、このパター用にロマロの2008モデルでマレット用のヘッドカーを注文しました(真っ黒のエナメル)

残り4本のうち1本はゴールドファクトリーにお願いしています。(こうご期待!!)

残り3本は思案中です。。。。。

参考までにインゴットからの削りだしの動画を載せておきます。


[PR]
Commented by masan72pt。 at 2010-01-03 17:23 x
明けましておめでとうございます。
新年1回目、いい記事ですね~
さて、僕のはどうしようか未だ思案中です。
Commented by taoten at 2010-01-03 18:35 x
masan72pt。さん

明けましておめでとうございます。

人力シャフトカッターの歯が少しへたってきたようで切断に時間がかかりました。
ネックセルの装着では、木槌でドンドン打ちつけてやったものですから家族からびっくりされたり。。。。。

今日は朝からマットで転がしましたが、はっきり言って素晴らしいパターです。
打感、打音は勿論ですが、とてもターゲットに対し構えやすいパターです。
masan72pt。 さんのパターの今後も楽しみです。
Commented by greishi_7146 at 2010-01-06 09:34
トップブレードとフランジのラインの色入れとか、迷いそうですね。
重量とバランスはまさに「今っぽい」感じにお見受けしました。
Commented by taoten at 2010-01-06 17:41 x
トップブレードは厚みがあるので要らないかな?と思ったり、黒は意外と良いかな?でも、ボールは白なんでどんな感じになるんだろうか?サイトラインは白無難かな。。。思い切って濃いオレンジとか鮮やかなブルーなんかも良いかな等々考えています。
考えている間はいやなことは忘れます(笑)
by simatao55 | 2010-01-02 13:54 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30